一本の指の爪だけでこぼこができるのはなぜ?小指だけ、親指だけにできるでこぼこの理由とは⁉

今、爪に横線のでこぼこがある方、もしくは以前にでこぼこがあった方にお聞きします。

そのでこぼこはどの指にできましたか?実は、爪に出るでこぼこは、どの指の爪に現れるかによって、原因が違ってくるのです。

でこぼこが現れることが多いのは親指と言われています。また、小指に現れることが多い方は注意が必要です。

その理由をご説明していきたいと思います。

 

親指の爪にでこぼこができる原因は?

いつの間にか親指の爪にでこぼこができていた経験はありませんか?

親指だけに横線のでこぼこができる原因はいくつかあります。

 

  • ストレス、疲労

まずは、精神的なストレスや疲労が溜まっていることが関係しています。

忙しい日が続き、疲労やストレスが溜まった後に爪にでこぼこが出てくるのです。

体が精神的ストレスを抱えているサインということになるので、しっかり休息やリラックスする時間をとってストレスを溜め込まないようにしたいですね。

忙しい毎日を送っている現代人は、ストレスが疲労を抱えることが非常に多いですよね。

そのため、そのサインである親指の爪のでこぼこがある人が多いのです。

 

  • 親指の爪に負担をかけている

親指をいじる癖のある人は多いと思います。

他の指で親指の爪を触っていたり、爪で触っていたり、無意識のうちに噛んでしまう癖のある方もいます。

また、甘皮を触る癖がある方も要注意です。甘皮の下にある爪母基に刺激を与えてしまうと、爪が正常に生えてこない可能性があります。

そのような負担により、爪が傷つけられてでこぼこが出る場合もあります。

手をいじる癖がある方は、爪を傷つけていないか注意してみてくださいね。

 

小指の爪にでこぼこができる原因は?

親指の爪にでこぼこができるのは精神的なものが関係していることがわかりました。

それでは、小指の爪だけにできる横線のでこぼこはどんな原因があるのでしょうか。

小指の爪だけにでこぼこがある方は注意が必要です。神経系のトラブルと関係しているケースがあるからです。

神経は、傷みを感じたり、命令を実行する信号を伝える働きがあります。体が円滑に働く上で非常に大切な役割があるのです。

体の環境や情報をすばやくキャッチして、その情報に応じて体の各部を調整してくれるのです。

小指を挟んだり、ぶつけたことにより、小指の爪にだけでこぼこが出ることもあります。

そのような原因の場合には、自然にでこぼこはなくなっていきます。

しかしながら、時間が経ってもなかなか治らない場合には、神経系のトラブルが関係している可能性も考えてみると良いでしょう。

 

以上、親指、小指の爪にだけでこぼこが現れる場合の原因についてご説明してきました。

爪をぶつけたり、爪をいじって傷つけてしまった為にでこぼこになるケースもありますが、体の不調を訴えるサインの可能性もあります。

早めに気付いて的確なケアをしましょう。そのために、正しい知識を持っていたいですね。

 


 

美容液2選

お勧め爪美容液2選(トップ記事)
爪割れや縦線、でこぼこの大きな原因となる刺激や乾燥、栄養不足に負けない美しい爪に。人気のある爪専用美容液の効能や口コミ、価格などから管理人が厳選した商品をご紹介しています。