気がついたら爪にでこぼこが⁉爪のでこぼこ、ボコボコ、へこみとは

気が付いたら爪にでこぼこができていることはありませんか?

一度気になってしまうと心配になってきますよね。

また、ネイルアートやジェルネイルを楽しむ方にとっては、でこぼこの爪はとても困りますよね。

せっかくきれいに仕上げようと思っても、でこぼこが目立ってしまいます。

ここでは、この爪のでこぼこの症状について考えていきたいと思います。

 

爪のでこぼこの症状とは?

爪のでこぼこに悩んでいる方は多いと思います。

この爪に横線のでこぼこができる症状は、「爪甲横溝(そうこうおうこう)」と言います。

字の通り、爪の甲に横の溝ができている状態のことです。

何本かの横線が入っている状態と、一本の線が真ん中に入ってへこんでいる状態があります。

ストレスや疲れ、偏った食生活などが主な原因です。

また、病気のサインが隠れていることもあり、その場合は特定の指に横線が現れることが多いです。

また、爪に小さな穴があいてボコボコしている症状もあります。

この症状は、「爪甲点状陥凹(そうこうてんじょうかんおう)」と言います。

爪の甲に点状の小さな穴が出る状態のことです。

爪の全体にボコボコと穴がある状態と、一部だけにポツンと穴ができている状態があります。この爪甲点状陥凹の症状は、円形脱毛症と関係があるとされています。

もし爪にボコボコが見られた時には、頭髪のチェックをしてみると良いでしょう。

 

爪にでこぼこができるのはなぜ?

爪のでこぼこやボコボコ、へこみはどうしてできるのでしょうか。

これらの爪の症状は、爪が生えてきてから生じるのではありません。

でこぼこの状態の爪が生えてきているのです。

これは爪を作る工場である爪母基という部分に関係しています。

爪母基は、爪の付け根部分にあり、血液、神経、リンパ管が通っています。

ここで、表皮が作られて、新しい爪をどんどん押し出して、爪が伸びていく仕組みになっています。

爪母基が健康な状態であれば、健康な爪がどんどん生えていきます。

しかし、爪母基にトラブルが起きてしまうと、正常に表皮が作られない状況になり、正常な爪が生えてこないのです。

でこぼこやボコボコの爪が生えてきてしまうのです。

この爪母基のトラブルとは2通りあります。

1つは、爪の根元部分にある爪母基をぶつけたり、挟んだりしてダメージを与えてしまったケースです。甘皮ケアで傷つけてしまうことも原因になります。

もう1つは、偏った食生活により、爪の栄養分が爪母基に行き渡らなかったケースです。

このように、爪のでこぼこ、ボコボコ、へこみは、爪の成長が阻害されたことにより、一時的に引き起こされているのです。

 

以上、爪に現れるでこぼこ、ボコボコ、へこみの症状についてご紹介してきました。

これらの爪のトラブルは、「爪甲横溝」「爪甲点状陥凹」と呼ばれている症状です。

爪の成長が阻害されて生じることが多いので、一時的なケースが多いです。

しかし、なかなか治らない、症状がひどくなる場合には、他の病気の可能性も出てきます。

総合病院を受診して、体のどの部分に不調があるのか追求すると良いでしょう。

 


 

美容液2選

お勧め爪美容液2選(トップ記事)
爪割れや縦線、でこぼこの大きな原因となる刺激や乾燥、栄養不足に負けない美しい爪に。人気のある爪専用美容液の効能や口コミ、価格などから管理人が厳選した商品をご紹介しています。