爪の縦線を自分でケアしてみましょう。人気のケアオイルのご紹介

爪のトラブルは色々ありますが、縦線が出ることは多いと言われています。

それは、縦線の原因のほとんどが「加齢」だからです。

今、爪に縦線が出ている方は、もしかしたら年齢によるものかもしれません。

お顔のシワをエイジングケアするように、爪のシワである縦線を自分でケアすることもできます。

人気の高いアイテムは爪のケアオイルです。

しっかりお手入れをして、若々しいツヤツヤの爪を取り戻しましょう。

 

爪のケアオイルとは?

ジェルネイルやネイルアートを楽しむ方が増える中、美爪のためのケア商品にも注目が集まっています。

その中でも人気が高いのがケアオイルです。

商品によっては、キューティクルオイル、ネイルオイルやネイルケアオイル、ネイルトリートメントなどと呼ばれています。

ドラックストアなどで数百円で販売しているものから、通販で販売している比較的高級なネイルオイルもあります。

配合されている成分の質によって値段が変わってくるので、自分に合ったコスパの良い商品を選びましょう。

 

ケアオイルの効果は?

ケアオイルの効果は保湿と補修です。

縦線が入って弱った爪を保湿して補修することで、縦線の出にくいすこやかな状態に戻してくれるのです。

毎日使うことで強い爪を維持することができます。

爪の健康を左右するのは、爪の根元部分にあります。

この部分に爪を作る爪母基があるからです。爪に縦線が入ってしまうのは、この爪母基が乾燥していたり弱っているからなのです。

ケアオイルの目的は、この爪母基部分を保湿、補修することで美爪を導くことにあります。

 

ケアオイルの使い方は?

ケアオイルを使う時に注意したいのが、水分や油分です。

水分や油分があるとケアオイルがしっかりなじみません。

ケアオイルを使う前には、しっかりと爪や爪の周りの水分や油分をふき取りましょう。

ハンドクリームを使う際には、ケアオイルの後にハンドクリームをつけましょう。

 

  • 甘皮部分に塗る

爪の根元には爪を作る工場である爪母基があります。

この部分にしっかりとケアオイルを塗りましょう。

 

  • 爪の横側に塗る

爪の横側部分は乾燥してささくれが起きやすい部分です。

しっかりとケアオイルで保湿しましょう。

 

  • 爪の先端に塗る

特に爪を伸ばしている方は、爪の先が割れやすくなります。

縦線がある方の場合は、爪が弱って傷んでいる状態なので、特に割れやすくなっています。

しっかりとケアオイルでお手入れしておきましょう。

また、爪に縦線が入る原因は、爪先が血行不良の状態になっていて、しっかり栄養分が届いていないという可能性もあります。

ケアオイルを塗る時には、爪を優しくマッサージして血行を良くすると効果的です。

 

ケアオイルの使うタイミングは?

ケアオイルは寝る前に使うと良いでしょう。

睡眠中にしっかりと浸透してケアしてくれるからです。

しかし、ジェルネイルやマニュキュアを塗り終わってから仕上げのトップコートのように使うのも良いでしょう。

ジェルネイルをした状態でも爪の根元に塗ってケアすることもできるので便利ですよ。

 

以上、爪の縦線をセルフケアするための、ケアオイルについてご紹介してきました。

爪ヤスリなどのようにすぐに爪がきれいになるアイテムではありませんが、毎日使うことで、少しずつ爪が元気になり艶を取り戻すことが出来るでしょう。

爪の縦線が気になる方にはおすすめのアイテムです。毎日お肌をスキンケアするように、ネイルケアも頑張りたいですね。

 


 

美容液2選

お勧め爪美容液2選(トップ記事)
爪割れや縦線、でこぼこの大きな原因となる刺激や乾燥、栄養不足に負けない美しい爪に。人気のある爪専用美容液の効能や口コミ、価格などから管理人が厳選した商品をご紹介しています。