つらい爪割れならないために!爪割れの予防ケアのご紹介

せっかくネイルのおしゃれをするために伸ばした爪が割れてしまうと、とてもショックですよね。

また、だんだん悪化して割れている範囲が広がってくる恐れもあります。

痛みや炎症を伴う辛い症状になる可能性もあります。

大切なことは、そのような爪が割れる状態になる前に予防することです。

ここでは、爪割れ予防のために自分でできるお手入れ方法についてご紹介したいと思います。

 

爪割れのための予防ケアとは?

爪は1ヶ月に3~5mmほどしか伸びません。

生え変わるまでには半年近くかかってしまいます。

一度爪が割れてしまうと治るまでにかなりの時間がかかってしまうのです。

その間ネイルのおしゃれができなかったり、手作業をする時に不都合が生じたり、非常に厄介ですよね。

病気などが原因で爪が割れてしまうこともありますが、爪の乾燥やダメージなどが原因の場合には、自分でケアすることで十分予防することができます。

ぜひ、日頃から爪割れ予防を心掛けてすこやかな爪をキープしましょう。

 

洗剤から保護する

食器用洗剤に配合されている強い洗浄成分が原因で、爪がダメージを受けて乾燥、そして割れてしまうということは多いです。

特に冬の時期は乾燥もひどくなるので、食器洗いは手や爪にダメージを与えてしまいます。

手荒れ防止のためにも、ぜひ食器洗いをする時には手袋をするようにしましょう。

 

爪ヤスリでケアする

爪が弱って薄くなっている、またはもともと薄い爪の方の場合は、爪切りで切ると割れてしまうことがあります。

爪ヤスリを使って長さを調節すると爪割れを予防することができます。

爪ヤスリを使うと時間がかかって面倒…という方の場合には、できるだけ切れ味の良い爪切りを使うようにしましょう。

切れにくい爪切りを使っていると爪が割れてしまうことがあります。

また爪ヤスリや爪切りを使う時は、爪が柔らかくなっているお風呂上りがおすすめです。

爪に負担をかけずにケアすることができますよ。

 

マッサージする

指先の血行が悪いために、爪まで栄養が届かずに爪が弱ってしまうことがあります。

これにより割れやすい爪になるのです。

特に冷え性の方の場合には、爪のマッサージをして血行を良くしておくようにしましょう。

爪のためのオイルや美容液を使ってするとより効果的です。

 

保湿する

爪割れの最も多い原因は乾燥と言われています。

爪はお肌と同じように皮膚です。お肌を保湿するように、爪の保湿もしっかり行いましょう。

 

  • ハンドクリーム

手の乾燥、手荒れ防止のためにハンドクリームを使っている方は非常に多いと思います。

ハンドクリームでハンドケアする時に、爪や爪の周りの皮膚も一緒にケアすると良いでしょう。ささくれの防止にもなりますね。

 

  • キューティクルオイル

甘皮(キューティクル)を保湿するためのオイルです。爪を作る爪母基を保湿することで、潤いのある爪、健康な爪を導くことを目的にしています。

爪割れしにくいすこやかな爪が生えてくるようにサポートしてくれるのです。

また、爪の先が割れないように塗るとより効果的です。

 

  • 爪の美容液

スキンケアのように爪を保湿、補修して美爪に導いてくれる美容液があります。

ハンドクリームなどに比べると少し値段は高い商品もありますが、集中的に爪ケアをしてくれる優れものです。

割れやすい爪を予防する効果や、割れてしまった爪を修復する効果があるアイテムもあります。

爪割れを予防するとともに、美爪効果もあるので嬉しい商品と言えますね。

 

以上、爪割れに悩まないための予防ケアについてご紹介してきました。

爪は一度割れてしまうとなかなか治りません。

未然に防ぐために、是非爪ケアの習慣を心掛けましょう。

割れ爪予防をしながら、すこやかで美しい爪を目指しましょう。

 


 

美容液2選

お勧め爪美容液2選(トップ記事)
爪割れや縦線、でこぼこの大きな原因となる刺激や乾燥、栄養不足に負けない美しい爪に。人気のある爪専用美容液の効能や口コミ、価格などから管理人が厳選した商品をご紹介しています。