爪のでこぼこは自分でお手入れできる?セルフケアの方法について

女性にとって爪にでこぼこができているのは、とても嫌なものです。

女性の手先はよく見られている部分です。

すこやかで美しい爪は、その女性をより美しく、健康的、上品に見せてくれますが、爪にでこぼこなどのトラブルがあると一気にイメージダウンしてしまうものです。

爪のでこぼこを治すためには皮膚科やネイルサロンへ行くのがおすすめです。

しかし、そのような時間やお金に余裕がない…という方が多いのも事実ですよね。

ここではそんな女性の方々へ、自分で爪のでこぼこをお手入れする方法をご紹介したいと思います。

 

爪ヤスリでケアする

ネイルのおしゃれをするために欠かせないのは爪ヤスリです。

この爪ヤスリを使ってでこぼこの爪をケアすることができます。

用途に応じて色々な種類の爪ヤスリがあるので、どれを使ったら良いかわからないという方もいると思います。種類別にご紹介したいと思います。

 

  • エメリーボード

自爪の長さを整えるための爪ヤスリです。

アクリルファイルやスカルプチュアなどの爪ヤスリもありますが、これらは人工爪の長さを整えるためのものです。

でこぼこ爪は弱っていて折れやすくなっている場合があります。

爪切りで切るよりも、爪ヤスリを使って丁寧に長さを調節すると良いでしょう。

 

  • スポンジバッファー

ソフトファイル、サニーファイルなどと呼ばれることもあります。

自爪の表面を滑らかにするための爪ヤスリです。爪のでこぼこを目立たなくすることができます。

 

  • シャイナー

自爪の表面をツヤツヤに磨くための爪ヤスリです。

スポンジバッファーでケアした後に使うと効果的です。

 

このような爪ヤスリを使って爪のでこぼこをケアすることができます。

しかし、あまりやりすぎると爪が薄くなってしまい、また別の爪トラブルを引き起こす原因となってしまいます。

爪のでこぼこのケアとして使う際には、できるだけ爪に優しい爪ヤスリを選ぶようにしましょう。

爪ヤスリには、グリッド数というものが記載されています。

ヤスリの表面の目の粗さ度合いを表す数字です。

グリッド数が小さいほどヤスリの目が粗くなっているのでよく削れます。

グリッド数が大きいとヤスリの目が細かいので削りにくくなっています。

しかし、ヤスリの目が細かいとなめらかな仕上がりになるというメリットもあるので、爪のでこぼこに使う際には、グリッド数の大きいものを使うようにしたいですね。

爪のでこぼこをヤスリでケアする方法は、あくまでもでこぼこの状態がそれほどひどくない場合に効果的なケアを考えてくださいね。

ひどいでこぼこをケアするためには皮膚科へ行くようにしましょう。

 

爪の美容液

ネイルケアをする女性の定番となってきているアイテムが、爪の美容液です。

カサカサした爪などをすこやかに美しく導いてくれるアイテムです。

爪にでこぼこがある場合にも効果を発揮してくれます。

スキンケアのための美容液と同じように、保湿効果、補修効果、美爪効果などのための成分が入っています。

爪の表面をケアする他に、爪を作る爪母基部分や爪の周りの皮膚に塗ることで、爪をしっかりとサポートしてくれます。

使い方は簡単で、マニュキュアを塗るように爪や爪の周りにさっと塗るだけです。

爪ヤスリのようにすぐにでこぼこが改善されるものではありませんが、毎日の習慣にすることで、爪のでこぼこケアだけでなく、美爪を維持することができるのでおすすめです。

 

以上、自分でできるでこぼこ爪のケアについてご紹介してきました。

でこぼこの状態が軽い場合は、爪ヤスリで優しくケアすることで改善されることもあります。しかし、使いすぎると逆効果になるので注意しましょう。

もう1つおすすめしたい方法は爪の美容液です。

でこぼこケアと美爪効果もあるので嬉しいアイテムです。

 


 

美容液2選

お勧め爪美容液2選(トップ記事)
爪割れや縦線、でこぼこの大きな原因となる刺激や乾燥、栄養不足に負けない美しい爪に。人気のある爪専用美容液の効能や口コミ、価格などから管理人が厳選した商品をご紹介しています。